VRに注目する高島 勇二

様々な業界が注目しているのがバーチャルリアリティ、通称VRです。2016年はVR元年とも言われ、VRはゲームを始め教育や医療、 不動産や旅行など様々な分野での用途の拡大や応用が進んでます。
VRは将来的にデスクトップパソコンやテレビと同様の規模まで成長するという見方もあります。VR市場は世界的に大きな成長が期待されています。 そんなVRに高島 勇二は注目しています。

高島 勇二が社長を務める株式会社MCJのグループでは、VRヘッドマウントディスプレイのインフラとしてVR対応パソコンの製造や販売などを行っています。 流れを読むことに長けている、株式会社MCJの社長である高島 勇二ならではといえます。

高島 勇二はVRを使うコンテンツとして、PlayStationVR(PSVR)に注目しています。そこで高島 勇二は、PSVR向けのゲームコンテンツの 開発を手掛ける桜花一門へ出資することにしました。高島 勇二は出資することで今後拡大が期待されるPSVR市場への参入を図ります。

さらに高島 勇二が社長を務める株式会社MCJのグループ会社によるパソコン向けVR対応コンテンツ開発や販売を通じて、VR市場における事業拡大を図ります。 さらにコンシューマー及び開発者向けのVR対応ハイスペックパソコンの販売増加も目指します。

高島 勇二が注目するVRは、今後の発展・普及に期待が集まっています。様々な可能性を秘めているのがVRです。 ゲームを始め様々な分野でVRは利用されることになるでしょう。その際に、高島 勇二が社長を務める株式会社MCJが出資したゲームや、 扱っているVR関連商品も広く普及されるでしょう。